リュック1つでどこまでも

受験生に旅の楽しさを知ってほしい

初心者にはCanonとNikonがおすすめと言っておきながらSONYのα7Ⅱに乗り換えた3つの理由

こんばんは。

 

今日は初心者にはCanonとNikonがオススメと言っておきながら、僕がNikonのD5300からSONYのα7Ⅱに乗り換えた理由をお話しようと思います。

SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2

SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2

 

 

 僕がSONYのα7Ⅱに乗り換えた3つの理由

フルサイズなのに軽い!

α7Ⅱは556gなのに対して、Nikonのフルサイズで1番軽いD610は760gでおよそ1.4倍なんです!

 

さらにSONYのレンズはNikonやCanonに比べて全体的に軽めに作られているのでボディとレンズ2本を合わせたら500g以上軽くなるわけです。

 

たかが500gと思うかもしれませんが、ペットボトル1本分軽くなるっていうのは、歩き回ることが多い旅人にはけっこう楽になると思います。

 

良い写真を撮りたいけど重いのはツライという旅人にはピッタリですよね!

 

5軸手ブレ補正機能がついてる

写真を撮った時に1番どうしようもないのが手ブレなので手ブレ補正機能がついてるのは便利ですよね

 

実際僕がこのα7Ⅱを使い始めてから手ブレで使えないなという写真は大幅に減ったと思います。

 

ちなみに他のメーカーのレンズでもアダプターを使えば使えますし手ブレ補正はも適応されます。

 

近い将来レンズはCanonやNikonだけどボディはSONYのミラーレスという時代が来ると本気で思ってるので僕はSONYを選びました。

 

全画素超解像ズームで単焦点レンズでも画質を落とさずズームできる

これはあまり知られていないんですがSONYのカメラって独自技術の「全画素超解像技術」を使って画質を落とさずに2倍までズームすることができるんです!

 

この技術を使えば単焦点レンズでもズームすることができるようになるので、旅中にあまり使うことがないけどたまに欲しい時がある望遠レンズを持って運ばなくていいのがありがたいです。

 

まとめ

軽くて旅に便利な機能がついているこのα7Ⅱはまさにこれからの時代の旅カメラだと思います。

 

今はまだ少しレンズのラインナップは少ないですがこれから増えてきますし、フルサイズが欲しいなと考えてる人は是非SONYのα7シリーズも考慮に入れてみてくださいね!