読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック1つで世界一周

受験生に旅の楽しさを知ってほしい

英語が話せない人こそ海外に行くべき3つの理由

どうも北さんです。

 

ぼくの友達にもよくいるんですが英語を話せないから海外に行かないって人多いですよね。

 

でもただ英語が話せないから海外に行かないってすごくもったいないことだと思うんですよ。

 

むしろ英語が話せない人こそ海外に行った時に得るものは多いと思うぐらいです。

 

そこで今日は英語が話せない人こそ海外に行ってみるべきだと思う理由をお話しします。

 英語が話せない人こそ海外に行くべき3つの理由

全然話せなくても旅はできる

海外を旅していると本当に単語だけを言い続けてるようなこの人英語をこんなに喋れないし聞き取れないのに、どうして旅ができてるんだろうと思う人に出会うことが多々あります。

 

ただそういう人達は英語がわからない分ボディランゲージでなんとかしようとするので、普通に旅をしている人よりも通行人の人と仲良くなったりして楽しそうに旅をしている人が多いんですよね。

 

英語だけで生きている人が実際にいるとわかる

日本だけで生きていると日本語に囲まれているのが当たり前ですが、海外に行くと英語で囲まれている世界で英語を使っている人がいるんだということが実感できます。

 

そうすると外国の言葉だと思っていた英語を少し身近に感じれると思います。

 

 

海外で英語でコミュニケーションすることが大切

海外で外国の人とコミュニケーションをとると、なんとか話せたという嬉しさや全然話せなかったという悔しさなど何かしらの思う気持ちがあります。

 

そうやって実際に起こった悔しさをもとにもっと英語を話せるようになりたいと思う気持ちって生まれると思うんですよね。

 

これは日本で生きていて漠然と英語勉強しなきゃなーと思う気持ちよりもよっぽど強いものだと思います。

 

実際僕も高校生の時にアメリカに行って下手なりにも話してコミュニケーションが取れたという嬉しさとともに、やっぱりもっと話せるようになりたいなと思って英語の勉強を本格的に始めました。

 

まとめ

海外に行けば自分の英語が意外と通じるなと思ったり逆に全然通じないからもっと勉強しようと思ったりとと感じることは絶対あると思うので、英語を喋れない人こそぜひ一度海外に行ってみるべきだと思います!

 

一人旅に行ってみたいけど不安だという人にはタビイクがおすすめ

simple-travel.hatenablog.jp

 

短期でもいいから留学してみたいという人にはサウスピークがおすすめです。

simple-travel.hatenablog.jp