読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック1つで世界一周

受験生に旅の楽しさを知ってほしい

クレジットカードとデビットカードの違いをわかりやすく説明するよ

旅の準備

f:id:tabi-came:20160209191152j:plain

どうも北さんです。

 

海外旅行に行こうと思った時に絶対にあったほうがいいのがクレジットカードやデビットカードですよね。

 

ただネットで説明を見ていても違いがよくわからない人も多いと思います。

 

そこで今日は僕ができるだけわかりやすくクレジットカードとデビットカードの違いを説明します。

 

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードって?

クレジットカードはカードを使ってお金を払った時に一度クレジットカード会社が代わりに払ってくれて、引き落とし日に自分の口座からまとめて引き落とされるカードのことです。

 
メリット

カードを使う時に口座にお金がなくても引き落とし日までに口座にお金があればいい

 
デメリット
  • 引き落とし日まではクレジットカード会社からお金を借りていることになる
  • カードを使う時に口座にお金がなくてもカードが使えてしまうので気づいたら使いすぎてしまうことがある
 

デビットカードって?

デビットカードはカードを使ってお金を払う時に直接自分の口座からお金が引き落とされるカードのことです。

 
メリット
  • 口座にあるぶんしか使えないので使いすぎる心配がない
  • クレジットカードと違って借金をするわけではないので作るのに審査がいらない
  • 16歳から作ることができる
デメリット

口座にお金がないといけないので大きな買い物がしにくい

 

結局クレジットカードとデビットカードどっちがオススメ?

普段からお金を使いすぎてしまう人や借金をするのが嫌と言う人、18歳未満の人にはデビットカードを、それ以外の人にはクレジットカードをオススメします

 

僕がクレジットカードをオススメする理由としては

  • 一括で支払えば金利もかからないためデビットカードとほぼ同じ
  • 年会費がクレジットカード会社のほうが安いところが多い
  • ポイントの還元率が高い
  • 海外旅行保険などのサービスがついてくる

などクレジットカードのほうがメリットが多いんですよね。

 

これはデビットカードはほぼ銀行しか作っていないのに対して、クレジットカード会社は数が多く自分の会社のカードを使ってもらうためにサービスをよくしているからだと思われます。

 

まとめ

  • クレジットカードはクレジットカード会社がいったんお金を払ってくれて引落し日にまとめて引き落とされる
  • デビットカードはカードを使う度に口座からお金が引き落とされる
  • 基本的にクレジットカードのほうがサービスがいいためクレジットカードのほうがオススメ

以上を参考にカードを使ってうまくお金の管理をしてくださいね。

 

最後におすすめのクレジットカードはこちらの記事に書いたので読んでみてください

simple-travel.hatenablog.jp