リュック1つでどこまでも

受験生に旅の楽しさを知ってほしい

iPhone6+よりデカいXperiaZ ultraを1年間使ってみて感じたメリットデメリット

どうも北さんです。
 
ぼくと会ったことがある人は見たことがあると思いますがぼくはiphone6+より大きいXperiaZultraをスマホとして使っています。

 

去年の4月ごろに買って1年ほど使いメリットもデメリットもわかったので今日はXperiaZultraのメリットとデメリットを書こうと思います。

 

XperiaZ ultraのメリット

画面が大きくて見やすい

XperiaZ ultraの最大の特徴は6.4インチというスマホとタブレットの中間の絶妙な大きさです。
この大きさがポケットに入る最大サイズらしいですね。

f:id:tabi-came:20160415191609j:plain

実際の大きさはこんな感じで普段のネットを見るのも見やすいし本を読むのも新書サイズなのでかなり読みやすいです。
この大きさに慣れてしまうともう5インチぐらいだと小さくて画面を見てられないですよ。
 

防水である

防水なのも地味にありがたいです。
水に落とした時も安心ですし風呂に持って入ってkindleで本を読めるのはほかのスマホにはない大きな利点だと思います。 
 

マイクロSDが便利

このマイクロSDが使えるのもiPhoneにはない大きな利点ですね。
やっぱりストレージの容量を気にしなくていいというのは楽です。
あとはマイクロSDに自炊した漫画のデータを入れて読めるのもかなり重宝してます。
 

XperiaZultraのデメリット

カメラが使いにくい

XperiaZ ultraの一番のデメリットはカメラが使いにくいことですね。
ネットでも書いてあってある程度覚悟はしていたんですがiPhoneとは比べ物にならないです。
写真が撮るのが好きなのに普段持ち歩いているスマホで撮れないというのはなかなかつらいものがあります。
 

ちょっとデカすぎる

6.4インチは確かに見やすしポケットにもちゃんと入るんですが正直ちょっとデカすぎます。
具体的には男としては手が小さいので片手で持ちにくいのとポケットに入れるとはっきりわかるんですよね。
6.4インチじゃなくて6インチぐらいがちょうどいい大きさかなと思います。
 

センサーの反応が良すぎる

デメリットと言い切れるかは微妙なんですがセンサーの反応が良すぎるんですよね。
具体的には風呂に持って入った時の水滴にさえ過剰に反応するのでできるだけぬらさないようにしないといけないのが少し面倒です。
 

まとめ

カメラが死んでるのとちょっと大きすぎるなどこまごました不満はありますがなかなか新しいスマホに買い替える気が起きないぐらいの完成度のスマホだと思います。
 
スマホとタブレットを両立したものが欲しいという人には値段も落ち着いていきているのでおすすめです。 
 
ちなみに僕が買ったのは海外SIMフリー版ですが日本国内でも海外でも使えてかなり便利です。
Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版(Black) 海外SIMフリー携帯

Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版(Black) 海外SIMフリー携帯