リュック1つでどこまでも

受験生に旅の楽しさを知ってほしい

アメリカ横断したい人必見!キャンピングカーでアメリカ横断するのに必要な情報をまとめてみた(6/21更新)

どうも北さんです。

 

キャンピングカーでアメリカ横断って人生で一度は憧れますよね。

でもアメリカでキャンピングカーを借りるっていろいろめんどくさそうと思うんじゃないでしょうか。

 

そこで去年の9月にキャンピングカー2台を使って14人でアメリカ横断をしてきたぼくがアメリカ横断をしたい人のために必要な情報をまとめようと思います。

キャンピングカーでアメリカ横断の基本情報

キャンピングカー会社

ぼくたちはアメリカ横断用のキャンピングカー会社であるトラベルデポでキャンピングカーをレンタルしました。

人数が14人もいたので6~7人用のCS-30タイプを2台レンタルしています。

CS-30タイプは6~7人用と言えども実際にはなんとか7人でも寝れるよって感じなので7人だと寝るのもなかなか大変でした。

ちなみにキャンピングカーの中はこんな感じです。

料理の準備をしていますが狭いのでなかなか大変です。

 

ちなみにトラベルデポの会社自体は多少サービスが雑なところもありましたが悪くはなかったと思います。

 

国際免許証の取り方

f:id:tabi-came:20160520024855j:plain

海外で車を運転するための国際免許証ですが実は日本の普通免許を持っていたら警察署に行って2000円ほど出せばすぐに作ってもらえます

むしろ海外だと左側通行と右側通行も違えば標識も違うし講習とかなくて大丈夫なん?と思ったぐらいです。

ちなみにアメリカだとキャンピングカーも日本の普通免許で作った国際免許証で運転できてしまいます。

 

かかった日数

日本を9月8日に出発して9月30日に帰ってきました。
実際にアメリカ横断をしていたのは21日間です。
21日間だとけっこう強行スケジュールであまり余裕はなく最初のほうは有名な観光地が多いので朝に移動して昼から観光が続いてキツかったです
今回の日程でアメリカにあと3日ぐら長くいれたらもうちょっと余裕があったかなと思います。

 

ルート

ロサンゼルスを出発してニューヨークが最終目的地でした。

実際のルートは次のようになっています。

f:id:tabi-came:20160504134356j:plain

  1. ロサンゼルス市内
  2. ディズニーアドベンチャーワールド
  3. サルベーションマウンテン
  4. ラスベガス
  5. セドナ
  6. グランドキャニオン
  7. アンテロープキャニオン
  8. レイクパウエル
  9. モニュメントバレー
  10. アリゾナ大隕石孔
  11. ホワイトサンズ
  12. サンアントニオ
  13. ヒューストン(NASAジョンソン宇宙センター)
  14. ニューオーリンズ
  15. ケープシティ
  16. ナイアガラの滝
  17. ニューヨーク

という感じです。

ロサンゼルスから4分の1ぐらいしか進んでいないホワイトサンズまでで11日かかっていてあとの10日間でアメリカの4分の3を爆走するという強行スケジュールでした

当然後半はほとんど移動だったので移動時間はずっとトランプをするか寝ていました(笑)

暇つぶしのおもちゃは必須です。

 

かかった費用

航空券代 89000円
キャンピングカー関連費用(レンタル料、ガソリン代、RVパーク(キャンピングカー用の駐車場)使用料) 21万3000円
娯楽費
ディズニーランド入場料 12000円
ラスベガスの絶叫マシン(4種類) 13000円
ブロードウェイミュージカル料 8000円
その他諸々の入場料 10000円ほど

食費 6万円ほど
合計 約40万円
食費以外はほぼ正確なので3週間で航空券代合わせて40万円ほどに収まると思います

 

アメリカ横断のメンバー選びのポイント

メンバーの集め方

メンバーはタビイクで一緒だった人やタビイクの同窓会で知り合った人とその友達という感じだったので、ぼくの場合は14人中知り合いはタビイク関係の4人ぐらいでほかの人はみんな初対面という感じでした

あとはトリッピースでも募集をかけてSkypeで面接をして一人入ってもらいました。

思ったら13人全く知らない中でアメリカ横断をするってすごいですよね(笑)

ドライバーは1台に最低2人

キャンピングカーでアメリカ横断をするときに1番重要な役割がドライバーですよね。
みなさんご存知の通りアメリカはかなりデカイので移動をメインにしている時はほぼ朝から晩まで運転している時もあります。
そんな時にドライバーが一人だとまず無理なので最低2人は必要です。
ただ実際は2人でもその2人の負荷が大きいので3人はいたほうがいいと思います

ぼくたちの場合は6人いたのでちょうど3人ずつ2台に分かれていました。

ちなみにぼくは一応国際免許証は持っていたんですが試しに運転した際に運転が下手すぎたのでドライバーをクビになりましたがあと6人も運転できる人がいてくれてよかったです苦笑

 

英語が話せる人が1台に最低1人

キャンピングカーでアメリカ横断をするとキャンピングカーの申し込みやRVパーク(キャンピングカー用の駐車場)の申し込みなどで普通に旅行をするのよりも英語を話す機会が多いです。

特にRVパークを電話で予約するのはかなり難易度が高く僕達の場合はカナダに1年留学経験のある人がいたのでなんとかなりましたがぼくだったらたぶんムリだったろうなと思います。

ただキャンピングカー1台に長期留学経験がある人が1人だけだとその人の負担が大きいのでもう一人短期でも留学経験がある人がいると負担が減っていいと思います。

ぼくはドライバーをクビになったのでこの英語担当の補佐とカメラマンをしていました(笑)

 

料理ができる人がいると嬉しい

キャンピングカーは動いている時に料理はできないので基本的に昼食はサービスエリアにあるマクドナルドやSUBWAYになります

特にSUBWAYはアメリカのどこにでもあってそこそこヘルシーなのでほぼ毎日食べていました。

昼食がそんな感じなので夕食はちゃんと料理をしたいなとなりみんなで料理をするのも楽しいんですが、やっぱりそんな中で料理がうまい人が一人いるともう神に思えてきます。

もしメンバー選びに余裕があれば料理ができる人を探すのがおすすめです。

 

アメリカ横断でおすすめのスポット6選 

ディズニーカリフォルニアアドベンチャー

やっぱりディズニー好きのぼくとしてはディズニーランドは外せません(笑)

ぼくたちが今回行ったのはディズニーランドではなく隣にあるディズニーカリフォルニアアドベンチャーなんですがディズニーカリフォルニアアドベンチャーのほうがよりアメリカ感を味わえるので1日だけ行くならディズニーカリフォルニアアドベンチャーがおすすめです

 

そんなディズニーカリフォルニアアドベンチャーで特におすすめのアトラクションはこのアドベンチャーランドのシンボルでもあるミッキーのファンウィールという観覧車です。

一見真ん中にミッキーがついたただの観覧車ですが決して普通の観覧車じゃあありません。
この観覧車のゴンドラはなんとめちゃくちゃ動くんです!
高所恐怖症のぼくにとっては観覧車に乗るだけでも怖いのに揺れるなんてもう富士急ハイランドのええじゃないかよりも怖かったのでアメリカでスリルを味わいたいという人におすすめです。
 
そしてこのディズニーアドベンチャーランドでもう一つ有名なのがこの観覧車の前で行われる水上ショー「ワールド・オブ・カラー:セレブレイト!」。

空に上がる噴水のウォータースクリーンに映し出されるディズニーの60年分の歴史は幻想的で感動しました。

2016年の9月まで行われているようなのでこの夏にディズニーカリフォルニアアドベンチャーに行くならぜひ見てくださいね!
 

サルベーションマウンテン

最近有名になってきたのがサルベーションマウンテンです。

最初聞いた時はなんだよそれwって感じだったんですが行ってみた感想は純粋に「すげぇ」しかでませんでした。
何がすごいって砂漠のど真ん中になくなった奥さんのために一人でペンキを塗り続けてこの山を作ったらしいです
しかも驚いたのはこの山外だけじゃなくて中もちゃんと作りこまれてるんですよ。

見た目もさることながらこれを作った人のなくなった奥さんへの思いと神への思いの強さに感動しました。

 

ラスベガス

アメリカで1番楽しめたのがこのラスベガスです。

着いて早々ぼくたちは14人もいたのでタクシーと同じ値段でリムジンに乗れると言われ人生で初めてリムジンに乗ることに。

リムジンがタクシー代わりというのがさすがラスベガスって感じですよね。

リムジンの中はこんな感じでめっちゃ広いです。

その後移動の度にリムジンを使い4回目になるとリムジンに乗るのも慣れてしまい慣れって怖いなと感じました笑

 
次にラスベガスと言えば夜景でしょということでラスベガスで一番高いタワーの頂上にあるフリーフォールに挑戦。
何度も言いますがぼくは高所恐怖症なので乗る前はかなりビビッていたんですが乗ってみるとめちゃくちゃ夜景がきれいで最高でした
ラスベガスで一番高いタワーから見た夜景はこんな感じです。

 

そしてラスベガスのメインであるカジノ(写真撮影は禁止でした)

ぼくたちは賭け金の高いディーラーのいる台ではできなかったので機械相手に勝負していたのですがそれでも十分楽しめます。
11時ぐらいからルーレットを始めてひたすら期待値の高い目にかけ続け途中は一万円ぐらい買ってたんですが流れが変わって負け始め朝4時ぐらいにプラスマイナスゼロになったのはいい思い出です。
ギャンブルでも人生でも大切なのは勝ってるときにやめれるかだなと感じました(笑)

 

グランドキャニオン

アメリカで聞いてまず思い浮かべるのがグランドキャニオンじゃないでしょうか。
実際に行ってみるともう広大すぎて逆に遠近感がなくなってわけがわからなくなります。

自然の雄大さを目の当たりにして自分の小ささを切実に感じた瞬間でした。

 

そして昼間のグランドキャニオンもいいんですがやっぱり1番は朝日です。
広いグランドキャニオンの向こうから朝日が出てきた時は今までの朝日の中で1番感動しました

グランドキャニオンに行ったら朝日は是非見てください!

ただし夏に行っても夕方ぐらいからかなり冷え込み朝はかなり寒いので寒さ対策は万全にして風邪をひかないように気を付けてくださいね。

 

セドナ

グランドキャニオンほど有名ではありませんが同じぐらいよかったのがパワースポットで有名なセドナです。

セドナはグランドキャニオンよりも緑が多くてより自然を感じることができます。

グランドキャニオンからも近いので自然を感じたいという人やパワーが欲しいという人におすすめです。

 

ナイアガラの滝

世界三大瀑布の一つで世界で最も有名な滝なのがこのナイアガラの滝じゃないでしょうか。

 実際行ってみると思ってたよりはデカくはなくてちょっとあれ?ってなるんですが滝の下まで行ってみるとものすごい水の量で迫力があって楽しめます。

やっぱりアメリカ横断するなら外せないスポットだと思います。

 

アメリカ横断の感想

アメリカ横断をしての感想としては月並な言葉になりますがやって良かったです。

アメリカの有名なところをいろいろ回れたからというのもありますがそれ以上にみんなで買い物したり

サプライズ誕生日パーティーをしたり

f:id:tabi-came:20160504140654j:plain

満点の星空がだったから車を停めてみたり

14人のほぼ初対面の人達と一緒に生活して一緒行動するということが楽しかったと思います

特に同じ車でいた時間が長かったメンバーとは本当に意気投合していろんな話をすることができました。

 

14人もいるとケンカをしたりもしたし2回ほど事故にあったりと大変なこともありましたがそれ以上に楽しいことが多かったのでアメリカ横断をしてよかったと思います。

みなさんもやりたいと少しでも感じたならアメリカ横断をやってみてくださいね

もしアメリカ横断についての質問があればコメントかTwitterでメッセージを送ってもらえればお答えします。

関連記事