リュック1つでどこまでも

受験生に旅の楽しさを知ってほしい

海外でクレジットカードと現金をちゃんと使い分けれてますか?

どうも北さんです。

 

突然ですが先進国に海外旅行に行った時いつも現金でばかり払おうとしてませんか?

 

逆に先進国ばかりに行ってて先進国じゃない国でもクレジットカードが普通に使えると思ってませんか?

 

実はクレジットカードの手数料って国や地域によって違うのでクレジットカードで払ったほうが良い国と現金で払ったほうが良い国があるんです。

 

そこで今日は地域別にクレジットカードと現金のオトクな使い分け方を紹介しようと思います。

 おすすめのクレジットカードと現金の使い分けかた

アメリカ、カナダ、ロシア、ヨーロッパの国々

アメリカ、カナダ、ロシア、ヨーロッパという一般的に先進国と想像される国はクレジットカードの手数料無しで払うことができます

 

この記事でも書きましたが海外の現地の通貨を得るのに1番オトクな手段であるクレジットカードのキャッシングでも手数料が2%ほどかかるのでクレジットカードで支払ったほうがオトクですよね。

 

よってアメリカ、カナダ、ロシア、ヨーロッパでは基本的にカード払いで現金はクレジットカードのキャッシングで最低限必要な金額を引き出すのが1番オトクです

 
 

ちなみに カード払いの時にたまに聞かれる決済は日本円にするか現地通貨にするかは現地通貨のほうがレートが良いので現地通貨にしてくださいね

 

アメリカ、カナダ、ロシア、ヨーロッパ以外の国々

これらの国々では都市部ではクレジットカードが使えるが地方ではクレジットカードが使えないところも多く、使えたとしても2%から5%の手数料が取られます

 

クレジットカードの手数料が2%ならまだいいですが5%となったら明らかにクレジットカードのキャッシングの手数料のほうがオトクですよね

 

よってアメリカ、カナダ、ロシア、ヨーロッパ以外の国々ではクレジットカードの海外キャッシングをして現金で払うほうオトクです

 

ただし10万円ぐらいの高額な支払いになった時は現金を持ち歩くのは危険なのでクレジットカードで支払ったほうがいいと思います

 

ちなみにぼくは東南アジアにバックパッカーで行くまでアメリカとヨーロッパにしか行ったことがありませんでした。

 

そんなぼくは東南アジアでもクレジットカードが使えると思っており現金をほとんど持っておらず海外キャッシングサービスも申し込めてなかったのでお金がほとんどないという大変な目にあっています。

 

みなさんも東南アジアに行く時は海外キャッシュカードを持っていくかきちんとカード会社に連絡して海外キャッシングができるようにしといてくださいね

 

まとめ

海外でのクレジットカードと現金のバランスは

  • アメリカ、カナダ、ロシア、ヨーロッパなら基本的にクレジットカードで払い現金はクレジットカードのキャッシングで最低限
  • それ以外の国ではクレジットカードのキャッシングで現金を引き出して払う

というのがオトクになります

 

みなさんもうまくクレジットカードを使いこなして快適な海外生活をおくってくださいね

 

最後に僕がおすすめのクレジットカードについて書いているのでこちらも参考にしてみてください。

simple-travel.hatenablog.jp